ホーム > 医療機関の皆様へ > がん診療連携拠点病院について

がん診療連携拠点病院についてがん診療連携拠点病院について

医療機関の皆様へ

診療案内

  • 外来受付時間
    初診8:30~11:00
    再診8:15~11:00

  • 休診日
    土、日、祝日

    年末年始(12月29日~1月3日)
    日本赤十字社創立記念日(5月1日)

  • 面会受付時間
    平日14:00~20:00
    土日祝日11:00~20:00

  • お問い合わせ
    095-847-1511

    〒852-8511 長崎市茂里町3番15号

院内がん登録について

当院は、平成14年12月に地域がん診療拠点病院の指定を受けたことから、院内がん登録の取り組みを行っています。
院内がん登録とは、当院でがんの診断・治療を受けた全ての患者さんについて、 進行期や治療法、経過に関する情報を一括して記録保存することです。 院内がん登録を行うことにより、当院におけるがん診療の実態を把握し、がん診療の質を向上させることができます。
また、がん患者さんを支援し、適切なサービスを提供できるように役立てることもできます。院内だけでなく、県内外や国におけるがん医療対策、がん研究や予防の推進にも活用されます

院内がん登録と個人情報

長崎原爆病院院内がん登録状況

単位:件数

治療部位 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
男性 女性 男性 女性 男性 女性 男性 女性 男性 女性
頭頸部 5 0 2 1 13 1 10 0 17 3
食道 5 1 9 2 17 2 15 3 11 4
71 26 58 27 61 25 55 46 63 29
結腸 36 33 53 39 37 41 28 52 57 50
直腸・肛門管 21 15 27 8 19 10 27 23 38 19
肝臓 16 8 26 12 17 10 20 2 24 5
胆のう・肝外胆管 6 10 9 9 9 8 6 3 8 12
膵臓 11 8 11 5 8 13 7 7 9 17
気管・肺・気管支 114 53 103 67 135 72 132 81 118 74
胸腺 1 0 2 0 0 0 0 1 1 1
胸膜 4 1 3 1 4 0 7 0 2 0
0 0 0 0 1 0 0 0 0 0
白血病及び造血器疾患 36 23 27 16 32 31 30 11 28 31
皮膚 20 17 13 24 20 20 30 27 21 20
軟部組織 1 0 0 1 1 1 0 0 1 0
乳腺 0 118 1 119 2 119 0 95 2 130
外陰・膣 0 0 0 2 0 2 0 0 0 0
子宮頚部 0 79 0 74 0 37 0 31 0 21
子宮体部 0 22 0 14 0 16 0 17 0 5
卵巣・卵管 0 7 0 13 0 9 0 11 0 11
陰茎 1 0 1 0 3 0 0 0 0 0
前立腺 101 0 112 0 126 0 107 0 96 0
精巣 0 0 0 0 2 0 0 0 5 0
腎・腎盂・尿管 7 14 16 3 18 9 14 9 20 9
膀胱 32 6 46 10 37 8 45 11 37 10
眼部 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
頭蓋内腫瘍 0 0 1 1 0 0 0 0 1 4
脊髄・脳神経・他の中枢神経 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
甲状腺 3 16 3 10 7 7 2 7 2 10
副腎および他の内分泌器官 0 0 0 0 0 0 0 0 0
リンパ節 2 4 0 1 3 6 1 4 3 3
悪性リンパ腫 14 14 19 17 24 14 17 19 20 29
その他の部位 3 3 10 5 3 4 4 5 9 5
合計 510 478 552 481 599 465 557 465 593 502

院内がん登録状況(2007年~2015年)

地域がん診療連携拠点病院とは?

「がん診療連携拠点病院」とは、がん医療の「均てん化」を推進するために、都道府県による推薦をもとに、厚生労働省が指定した病院です。
都道府県に原則1カ所指定される都道府県がん診療連携拠点病院と、2次医療圏に概ね1カ所指定される地域がん診療連携拠点病院があります。
当院は、平成14年12月に地域がん診療拠点病院に指定されました。

長崎県内のがん診療連携拠点病院

長崎県がん診療連携拠点病院
  • 長崎大学病院
地域がん診療拠点病院
  • 日本赤十字社長崎原爆病院
  • 長崎市立市民病院
  • 国立医療センター
  • 長崎県島原病院
  • 佐世保市立総合病院

(外部リンク)長崎県のがんの現状と取り組み (長崎県福祉保健部医療政策課がん対策ページ)

がん地域連携パスについて

がん地域連携パスとは、かかりつけ医と拠点病院のがん治療専門医が、患者さんの治療経過を共有できる「治療計画表」のことです。
がん患者さんが、病院で手術などの専門的な治療を行った後に、治療の計画に基づき、日々の診察と薬の処方は地域のかかりつけ医で、節目の診察・検査をがん専門病院で行います。緊急時や日々の診療の中で異常があれば、かかりつけ医から病院へ連絡していただき対応します。

がん地域連携パス リーフレット PDF

がんに関する情報について

患者図書について

日本赤十字社長崎原爆病院がん相談支援センター(1階 医療相談室内)にて主にがんに関する患者図書の貸し出しを無料でおこなっております。お気軽にお尋ねください。
また、各種がんに関する冊子もご希望の方にお渡ししておりますので併せてお尋ねして頂きますようお願い致します。

お問合せ先:日本赤十字社長崎原爆病院
がん相談支援センター(1階 医療相談室内)
TEL:095-847-1511

がんセカンドオピニオン外来案内

日赤長崎原爆病院のセカンドオピニオン外来については日赤長崎原爆病院以外の医療機関に受診されておられる患者さんを対象として、診療内容・治療法について当院の専門医の意見を提供し、今後の患者さんご自身の治療等に参考として頂くものです。
判断する材料としまして患者さんのお話しや、主治医の先生から提供される資料を参考とさせて頂き、その範囲で判断致します。この外来での新たな検査及び治療はおこないません。
なお、当院外来受診中、入院中の患者さんについてはより客観的・公平な意見を求めて頂けるよう当院「セカンドオピニオン外来」以外の医療機関での受診をお勧めしております。

対象者

原則的に患者さんご本人の来院を基本としておりますが、ご本人以外の場合でもご本人の同意書があれば受診をお受けしております。
ご家族の場合であれば、続柄を確認できる書類(健康保険証等)をお持ちください。

ご相談をお断りする場合

  • 主治医に対する不満や過去の治療法の正当性・妥当性に関する相談
  • 医療訴訟等、司法的判断を求められる場合
  • 検査・治療等の医療行為を求めるなどの場合
  • 当院への転院を前提になされる相談
  • 診療情報提供書、検査データなどの提出をできない場合
  • 1回限りの面談では診断、治療方針に関して意見を述べることが明らかに困難と判断された場合
  • その他、当院がセカンドオピニオンの求めに応ずることが困難又は不適当と判断した場合

受診時間と料金

  • 受診については完全予約制をとっております。お申込み頂いた後に当院より受診日をご連絡します。
    (相談対応医師の救急対応時は、時間の遅れが出る場合がありますのでご了承ください)
  • 診療情報提供書を書いて頂いたかかりつけ医への報告書の作成費を含めて、料金については30分まで10,800円(税込)、30分を超えるごとに5,400円が加算されます。
  • セカンドオピニオン外来は自由診療で行われます。健康保険の適用とはなりませんのでご了承ください。
  • お問い合わせ、ご予約には料金はかかりません。キャンセルも可能です。ご相談終了後、料金のお支払をお願いします。

日赤長崎原爆病院での受診手続き

当院セカンドオピニオン外来は、完全予約制としており、次の手順で手続きを行っております。

受診申し込みから受診までの流れ

  1. 現在のかかりつけ医にセカンドオピニオンを受けたい旨相談し、了承を求めてください。
  2. 直接、当院 医療社会事業課(がん相談支援センター)へお越し頂くか、お電話にて当院医療社会事業課(がん相談支援センター)へご連絡ください。(電話番号095-847-1511 内線1169・1170)
  3. 担当者が概略を伺ったのち次の書類をお渡しするか又はお送りします。
  4. 申し込み内容をふまえて担当医、相談日時を決定しご連絡します。
  5. セカンドオピニオン外来受診日が決定しましたら、かかりつけ医にその旨お知らせ頂き、診療情報提供書の作成及び検査データをお借りし、原則として予約日の2~3日前までに当院医療社会事業課(がん相談支援センター)へご提出をお願いします。(できない場合は当日持参も可)また郵送でも結構です。
  6. 相談当日は医療社会事業課(がん相談支援センター)にお越しください。受付ののち各課へご案内します。
  7. 受診後、かかりつけ医へのご報告書をお受け取りののち、医事課にて料金のお支払をお願いします。

がん診療機能について

部位別専門分野情報

対応状況
◎:院内専門医等による対応
○:院内で対応が可能
△:院外との連携での対応

【診療機能-専門分野(部位別)】※我が国に多いがん

対象疾患 専門 治療内容 対応状況 使用しているガイドライン等 備考
肺がん・縦隔腫瘍 手術 肺癌診療ガイドライン -
化学療法 肺癌診療ガイドライン
放射線療法 放射線治療計画ガイドライン2004
集学的治療 肺癌診療ガイドライン
セカンドオピニオンへの対応 -
胃がん・胃腫瘍 手術 胃癌治療ガイドライン -
内視鏡的粘膜切除術(EMR) 胃癌治療ガイドライン
化学療法 胃癌治療ガイドライン
集学的治療 -
セカンドオピニオンへの対応 -
大腸がん・大腸腫瘍 手術 大腸癌治療ガイドライン -
内視鏡的粘膜切除術(EMR) 大腸癌治療ガイドライン
化学療法 大腸癌治療ガイドライン
集学的治療 -
セカンドオピニオンへの対応 -
肝がん・肝腫瘍 手術 - -
化学療法 -
穿刺療法(PEI/RFA) 科学的根拠に基づく肝癌診療ガイドライン2005
肝動脈塞栓術(TAE) 科学的根拠に基づく肝癌診療ガイドライン2005
集学的治療 科学的根拠に基づく肝癌診療ガイドライン2005
セカンドオピニオンへの対応 -
乳がん・乳腺腫瘍 手術 乳癌診療ガイドライン外科療法2005 -
化学療法 乳癌診療ガイドライン薬物療法2007
放射線療法 乳癌診療ガイドライン放射線療法2005
集学的治療 -
セカンドオピニオンへの対応 -

【診療機能-専門分野(部位別)】※主ながん

対象疾患 専門 治療内容 対応状況 使用しているガイドライン等 備考
食道がん 手術 - -
内視鏡的粘膜切除術(EMR) 食道癌治療ガイドライン
化学療法 食道癌治療ガイドライン
放射線化学療法 放射線治療計画ガイドライン2004
集学的治療 -
セカンドオピニオンへの対応 -
膵がん・膵腫瘍 手術 - -
化学療法 科学的根拠に基づく膵癌診療ガイドライン
放射線化学療法 科学的根拠に基づく膵癌診療ガイドライン
集学的治療 -
セカンドオピニオンへの対応 -
前立腺がん 手術 - -
化学療法(ホルモン療法) -
放射線療法(組織内照射) -
放射線療法(外照射) 放射線治療計画ガイドライン2004
集学的治療 -
セカンドオピニオンへの対応 -
膀胱がん 手術(膀胱全摘) - -
経尿道的膀胱腫瘍切除(TUR) -
化学療法 -
集学的治療 -
セカンドオピニオンへの対応 -
腎がん 手術 - -
化学療法 -
集学的治療 -
セカンドオピニオンへの対応 -
子宮がん - 手術 日産婦取扱規約
化学療法 日産婦取扱規約
放射線療法 放射線治療計画ガイドライン2004
【腔内照射(院内なし)】
集学的治療 -
セカンドオピニオンへの対応 -
小児腫瘍 - 化学療法 - - -
手術 - -
集学的治療 - -
セカンドオピニオンへの対応 - -
頭頸部腫瘍 手術 - -
化学療法 -
放射線療法 放射線治療計画ガイドライン2004
集学的治療 -
セカンドオピニオンへの対応 -
血液腫瘍
(白血病、リンパ腫など)
化学療法 JALSG、JCOGなど -
移植 △/○ -
集学的治療 -
セカンドオピニオンへの対応 -
無菌室の設置の有無(病床数) 有(3) -

【診療機能-専門分野(部位別)】※その他のがん

対象疾患 専門 治療内容 対応状況 使用しているガイドライン等 備考
脳腫瘍 - 手術 - - -
化学療法 - -
放射線療法 放射線治療計画ガイドライン2004
集学的治療 - -
セカンドオピニオンへの対応 - -
骨軟部腫瘍 - 手術 - - -
化学療法 - -
放射線療法 放射線治療計画ガイドライン2004
集学的治療 - -
セカンドオピニオンへの対応 - -
皮膚腫瘍 手術 皮膚悪性腫瘍取扱規約2002 -
皮膚悪性腫瘍診療ガイドライン
化学療法 皮膚悪性腫瘍取扱規約2002
皮膚悪性腫瘍診療ガイドライン
集学的治療 -
セカンドオピニオンへの対応 -
胆嚢がん・胆管がん 手術 - -
化学療法 -
集学的治療 -
セカンドオピニオンへの対応 -
尿路がん 手術 - -
化学療法 -
集学的治療 -
セカンドオピニオンへの対応 -
精巣がん 手術 - -
化学療法 -
放射線療法 放射線治療計画ガイドライン2004
集学的治療 -
セカンドオピニオンへの対応 -
卵巣がん - 手術 - -
化学療法 -
放射線療法 放射線治療計画ガイドライン2004
集学的治療 -
セカンドオピニオンへの対応 -
原発不明がん 化学療法   -
集学的治療 -
セカンドオピニオンへの対応 -
性腺外胚細胞腫瘍 化学療法 - -
集学的治療 -
セカンドオピニオンへの対応 -
眼腫瘍 手術 特になし 症例による
眼動注 特になし 症例による
集学的治療 特になし 症例による
セカンドオピニオンへの対応 特になし 症例による

がん診療機能

当院は平成14年12月厚生労働大臣より「地域がん診療連携拠点病院」として承認を受けました。
地域がん診療連携拠点病院の指定を受けるためには、がんの手術治療をおこなえること、抗癌剤治療や放射線による治療が一定の基準を満たしていること、緩和ケア医療が提供できること、セカンドオピニオンの提供ができること、院内に相談支援センターの設置を義務付けるなど様々な条件をクリアしなくてはなりません。
当院ではここのような指定を受けた上で地域に根ざした総合的ながん医療の充実をはかり地域住民の皆様のためにその役割を充分に発揮したいと思います。

原爆病院「ふれあいサロン:がん患者と家族の会」のご紹介

原爆病院では「がん患者と家族の会 ふれあいサロン(ふらみんご)」を開催しております。
あなたやご家族の方が「がん」になったとき、誰にも相談できない悩みや不安を、他の患者さんやご家族とお話してみませんか。
患者さんやご家族が、病気のこと、治療のことなど、いろいろな情報を共有して頂くことで、不安の軽減や癒しに少しでもお役に立てればとおもっております。
ご参加は自由ですので、どうぞお気軽にお越しください。

毎週月曜日14:00~16:00に開催しています。
毎月1回は、医師や看護師、栄養士やソーシャルワーカーなどの話、ほかの月曜日は「おしゃべり会」をしながら情報を共有しています。

開催日時

開催時間 毎週月曜日(祝日 8月はお休み) 14:00~16:00
開催場所 日本赤十字社長崎原爆病院 別館4階災害救護室
お問い合わせ 日本赤十字社長崎原爆病院 医療社会事業課(がん相談支援センター)
TEL 095-847-1511(1169・1170)

開催情報

がんに関する診療実績

日本赤十字社長崎原爆病院におけるがんの診療実績を公開しております。
がん種別の手術・化学療法・放射線治療の実績や病期ごとの生存率を紹介しております。

がん拠点病院 手術・化学療法・放射線治療の実績

主ながん手術件数(二次的な手術を除く)

部位 手術 平成24年度 平成25年度 平成26年度
胃がん 切除術・胃全摘術等 53 44 45
内視鏡的手術 20 31 53
大腸がん
(盲腸~直腸)
切除術等 82 85 84
内視鏡的手術 6 13 41
肝がん 切除術 15 19 9
ラジオ派焼灼術 12 12 8
血管塞栓術 70 62 82
肺がん 肺葉切除など 100 92 112
乳がん 切除術 96 101 81
切除術+乳房再建術 1 12 4
前立腺がん   58 48 42
全件 762 774 810

原発巣別入・外化学療法(注射)延べ実績について (平成22年度~平成26年度)

部位 平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度
124 214 99 123 164
大腸 478 529 614 542 506
87 59 75 64 83
呼吸器 853 974 965 1029 848
乳腺 773 695 729 806 656

放射線治療の原発巣別新規患者実人数 (平成22年度~平成26年度)

部位 平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度
胃・小腸・大腸・直腸がん 2 3 7 11 14
肝・胆・膵癌 10 7 8 12 11
肺癌・気管/縦隔腫瘍 46 58 71 73 74
乳癌 68 63 78 91 81

2008年診断 5大がん症例数

病期別症例数

Stage 不詳 総数
43 9 8 15 3 78
大腸 24 14 22 16 0 76
12 5 5 5 5 32
61 9 43 36 3 152
乳房 54 35 3 4 2 98

5年生存率

部位 対象数 死亡数 生存状況
把握割合(%)
実測生存率 相対生存率
78 32 100 59 65.4
大腸 76 31 98.7 59.1 67.6
32 22 100 31.3 -
152 85 97.4 43.1 49
乳房 98 2 98 90.7 94.3

お知らせ

詳細を表示する閉じる