ホーム > 診療科・部門のご案内 > 泌尿器科

泌尿器科

医師紹介

鶴崎 俊文

役職名 泌尿器科部長
専門分野 泌尿器癌、前立腺疾患
認定資格 日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本透析医学会専門医
日本癌治療認定医機構認定医・暫定教育医
長崎大学医学部臨床教授
日本泌尿器科学会 日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器腹腔鏡技術認定医
日本内視鏡外科学会 技術認定医(泌尿器腹腔鏡)
臨床研修指導医
西日本泌尿器科学会評議員

山崎 安人

役職名 前立腺疾患治療部長
専門分野 泌尿器科一般
認定資格 日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本透析医学会専門医
日本癌治療認定医機構認定医
臨床研修指導医

丸田 大

役職名 泌尿器科副部長
専門分野 泌尿器科
認定資格 日本泌尿器科学会 専門医・指導医
日本癌治療認定医機構認定医
臨床研修指導医

特色・診療方針

地域がん診療連携拠点病院の泌尿器科として、一般的な腎細胞癌、腎盂尿管癌、膀胱癌、前立腺癌を中心に、比較的まれな副腎癌、陰茎癌、精巣癌など泌尿器悪性腫瘍(がん)に対して、最新の治療を行っております。
また、癌以外の一般疾患も数多く診断・治療を行っております。特に前立腺肥大症、尿路結石(腎結石、尿管結石、膀胱結石)等の良性疾患も数多くの手術を行っております。
しかし、当院に小児科や慢性血液透析の設備がないため、小児泌尿器科疾患、慢性腎不全の患者さんの診療は外来診療のみに限って行っております。また入院治療が必要な患者さんは適切な他施設に紹介しています。
また、近年の医療情勢の変化にも対応し、DPC病院であることもあって、クリティカルパス等を駆使し、医療の質の向上に努めています。

診療統計(症例数・治療成績:平成26年度)

2014年の手術症例は、計571例です。
癌に対する手術は、腎細胞癌の腎部分切除術1例、根治的腎摘10例(うち腹腔鏡下手術8例)、腎盂尿管癌の腎尿管全摘10例(うち腹腔鏡下手術5例)、膀胱癌の経尿道的膀胱腫瘍切除術(TURBT)107例、根治的膀胱全摘16例(尿管皮膚瘻3例、回腸導管4例、新膀胱9例)、TURBT 107例、前立腺癌の根治的前立腺全摘40例など数多く行っています。
そのほかの手術は、前立腺肥大症の経尿道的前立腺切除術(TURP)(12例)やホルミウムレーザー前立腺核出術(HoLEP)(38例)、尿路結石の体外衝撃波結石破砕術(120例)や経尿道的尿管砕石術(TUL)(26例)等良性疾患に対しても積極的に手術を行っています。

前立腺癌の治療

早期がんに対する根治的前立腺全摘除は、毎年30-50例程度行っております。原則75歳以下の症例に対して行っており、8㎝程度の下腹部正中小切開で、2時間程度の手術時間で行っております。より再発率を下げるため、開放手術ならではの拡大骨盤内リンパ節郭清を全例に施行しております。良好な手術成績は論文や学会発表でも公表しております。ほとんどの症例で自己血輸血を準備し、輸血することで同種血輸血を回避できております。手術翌日より歩行・食事が可能で、入院期間は2週間程度です。一部の進行がんや再燃がんに対しても行うこともあります。
内分泌療法は、最新の知見をもとに、さまざまな方法で施行可能で、副作用対策も積極的に行っております。通常1~3か月に1回の通院治療が可能です。
化学療法は、去勢抵抗性前立腺癌の症例を中心にドセタキセルやカバジタキセル療法(入院でも外来でも可能)やエストラサイト療法などを、行っております。
放射線療法について、外照射療法は最新の放射線治療機器を導入し、強度変調放射線療法(IMRT)を行っております。2014年2月より本格的に開始し、現在まで約40例の治療を行いました。ほかに放射線性ストロンチウム‐89を用いた骨転移巣に対する疼痛緩和療法も可能です。しかし当院には放射線療法の一つである小線源療法や粒子線療法は設備がなく、希望者には適切な施設を紹介しております。

尿路上皮癌(腎盂尿管癌、膀胱癌)の治療

腎盂尿管癌の手術は、腹腔鏡下腎尿管全摘除術を積極的に施行しております。リンパ節郭清の必要な症例などには主に傍腹直筋小切開による腎尿管全摘除術を行っております。
早期がんに対して、TURisシステムを用いて経尿道的膀胱腫瘍切除術(TURBT)を行っており、追加で深層(筋層)を切除し、病期診断・治療をしっかり行なっております。術後に膀胱内注入療法(テラルビシン、マイトマイシンC、マイトマイシンC+シタラビン、BCG)も再発の可能性の高い症例に行っております。またT1G3症例にセカンドTURBTも積極的に行っております。
進行がんの症例に対し手術、放射線療法、化学療法を行っております。症例によっては種々の治療を組み合わせて集学的治療行っております。根治的膀胱全摘術は、泌尿器科の中で最も高侵襲な手術のひとつであり、難易度の高い手術です。当科ではより迅速にかつ安全に手術を施行し、さらに術後合併症を少なくする様々な工夫をしております。尿路変更はチューブレス尿管皮膚ろう術(豊田法)、回腸導管造設術、新膀胱形成術(Studer法)を中心に行っております。新膀胱形成術は2014年に9例施行しました。

腎細胞癌の治療

早期がん、進行がんの症例に唯一の根治療法として手術を積極的に行っております。開放手術として傍腹直筋小切開による根治的腎摘除術や腎部分切除術、また腹腔鏡下根治的腎摘除術も行っております。
当院では、現在市販されている腎細胞がんに対する免疫療法や分子標的薬による治療がすべて可能です。インターフェロンα(IFNα)、インターロイキン2(IL-2)、ソラフェニブ(ネクサバール)、スニチニブ(スーテント)、エベロリムス(アフィニトール)、テムシロリムス(トーリセル)、アキシチニブ(インライタ)、パゾパニブ(ヴォトリエント)などの治療を有転移症例に積極的に行っています。

論文・学会発表・講演など

論文発表

1. Oncological outcomes of hormonal therapy with a gonadotropin-releasing hormone agonist combined with a steroidal or nonsteroidal antiandrogen in patients with prostate cancer.
Igawa T, Tsurusaki T, Nomata K, Hayashi M, Iwasaki S,Furukawa M, Sakai H,
Anticancer Research 34:1983-1988,2014
2. 特集1 前立腺がんの手術 2.高リスクがんへの応用
2)拡大骨盤内リンパ節郭清
鶴崎俊文
Prostate Journal 1:43-51,2014

学会発表

1.第101回日本泌尿器科学会総会(札幌、2014.4.26)
高齢者における局所浸潤膀胱癌にたいする動注化学放射線療法
相良祐次、池田智恵子、木原敏晴、高橋 元、南 和徳、入江準二、櫻木 勉、野俣浩一
2.第261回日本泌尿器科学会長崎地方会(長崎市、2014.5.31)
回腸導管造設後に発症した骨軟化症の1例
今里祐之、志田洋平、鶴崎俊文
3.第66回西日本泌尿器科学会総会(倉敷市、2014.11.7)
長期間継続している抗アンドロゲン除去症候群の2例
鶴崎俊文、志田洋平、今里祐之
4.第262回日本泌尿器科学会長崎地方会(長崎市、2014.12.6)
CAB療法中の病勢進行に対する酢酸クロルマジノン追加投与の検討
志田洋平、今里祐之、鶴崎俊文
5.第262回日本泌尿器科学会長崎地方会(長崎市、2014.12.6)
回腸利用自排尿型代用膀胱(Studer法)の臨床的検討
鶴崎俊文、志田洋平、今里祐之
6.第262回日本泌尿器科学会長崎地方会(長崎市、2014.12.6)
去勢抵抗性前立腺癌に対するエンザルタミドの初期成績
今里祐之、志田洋平、鶴崎俊文

講演

1.琴海地区学術講演会(2012.7.10)
前立腺肥大症~病因療法を考える~
鶴﨑俊文
2.佐世保前立腺肥大症セミナー(2012.8.23)
前立腺肥大症~病因療法を考える~
鶴﨑俊文
3.緩和ケア・臨床腫瘍学セミナー(2012.10.29)
前立腺がんの治療
鶴﨑俊文
4.第4回長崎前立腺癌臨床研究会(2013.1.11)
未治療高リスク限局性前立腺癌における根治的前立腺全摘除術および拡大骨盤内リンパ節郭清の治療成績
鶴﨑俊文

その他

1.膀胱全摘後の尿路の再建方法に違いについて
病院の実力「膀胱・腎細胞癌」九州編 読売新聞(2015.3.1)
鶴﨑俊文
診療科のご案内 診療案内

外来受付時間

8:30~11:00

※再来受付機による受付は午前8時00分より行っています。

休診日

土、日、祝

年末年始(12月29日~1月3日)
日本赤十字社創立記念日(5月1日)

面会受付時間

14:00~20:00

お問い合わせ

〒852-8511 長崎市茂里町3番15号

095-847-1511

交通アクセス

各種教室

日赤について

新病院建設

日本医療マネジメント学会