ホーム > 診療科・部門のご案内 > 内科 > リウマチ科

内科

リウマチ科

医師紹介

岡田 覚丈

役職名 リウマチ・膠原病内科副部長
専門分野 膠原病科、リウマチ科
認定資格 日本リウマチ学会 リウマチ専門医
日本内科学会 認定内科医
医学博士
日本リウマチ学会登録ソノグラファー

鈴木 貴久

役職名 医師
専門分野 リウマチ科
認定資格 日本内科学会 認定内科医
日本リウマチ学会 リウマチ専門医

関節リウマチ

関節リウマチは関節にある“滑膜”に炎症が起こり,関節に痛み・腫れを起こす病気です。 進行すると,痛みに加え,関節の軟骨・骨の破壊を引き起こします。
以前は痛みを軽減するほかは あまり有効な治療がなく,時間が経つとともに関節の変形・破壊を起こしていました。
しかし,西暦2000年あたりを境として,関節リウマチの診断・治療方針は劇的に変化してきました。

1)より早い時期での診断を行うようになりました。

 以前の診断基準では,病気がある程度進行した時点での診断となっていました。 しかし,それでは診断が遅れ,治療を始めるのも遅くなります。 関節リウマチでは,発症早期に 軟骨・骨の破壊が進行するといわれていますので,治療開始が遅れると,その間に関節の破壊が進みます。 そこで,2010年に新しい診断基準(分類基準)が出され,より早い時期から治療が始められるようになりました。

2)新しい治療薬が開発されました。

 以前は,関節リウマチの治療は痛みを抑えることが中心でした。 しかし,“MTX(メトトレキサート)” という薬が使用されるようになると,関節リウマチの痛み・炎症を抑えるだけでなく,骨破壊も抑制することができるようになりました。 さらに,様々な“生物学的製剤” と言われる点滴・注射薬が使用されるようになり, MTXの服用で十分な効果が得られなかった患者の皆さんの対しても,痛みや骨破壊を抑えることができるようになりました。

3)関節エコ-検査による関節炎の評価が行われるようになりました。

 関節リウマチの画像検査といえば,一般的なレントゲン検査のみでした。これは骨破壊を見るためには有益な検査であり,今でも定期的に行わせていただいていますが,残念ながら,炎症そのものや滑膜の増殖など見ることはできません。 そのため,MRI検査により 滑膜炎や早期の骨変化をとらえることが試みられてきました。 これは確かに早期の病気の状況をとらえるのには優れた検査ですが, MRI検査ができる施設・病院は限られており,また外来受診時に,すぐにできる検査ではありません。 このため,最近では関節エコ-による炎症の評価を行うことが行われるようになりました。 これは,手軽に行えて,また早期の滑膜炎も捉えることができるという利点があります。 この検査は,今後さらに普及していくものと思われます。

4)検査・診断・治療の進歩を踏まえて,現在では “寛解” を目指した関節リウマチの治療を行っています。

 “寛解”とは 骨破壊が全く進まない状態(機能的寛解)と,関節の痛みや腫れなどがほとんど見られない状態(臨床的寛解)をみたした状態です。 当科では,関節エコ-・MRIなど検査も行いながら,早期からの診断・治療により, この” 寛解状態“ を達成できるように努めています。

※新しい治療薬は副作用などの問題もあり使用できない方もいらっしゃいます。 また,費用負担の問題などもありますので,治療に際しましては担当医とよくご相談ください。

※MTXや生物学的製剤,中等量以上のステロイド剤,その他,“免疫抑制剤” といわれる薬剤などを使用するときには,結核の検査やB型肝炎の検査を行わせていただいています。 また,B型肝炎の既感染がある患者さんにおいては,定期的な肝炎ウイルスのチェックを行わせていただいています。

膠原病

膠原病は,皮膚・筋肉・結合組織などに炎症を起こす全身疾患です。
ここには,全身性エリテマトーデス・強皮症・皮膚筋炎などや,“膠原病関連疾患”とも言われる,血管炎やシェーグレン症候群などを含みます。
これらの患者さんに対しては,ステロイド剤や 免疫抑制剤による治療を行っています。

※膠原病は個々の患者さんの症状・状況により治療法が異なってきます。
当科では,それぞれの患者さんに応じて,ステロイド剤内服・ステロイドパルス・免疫抑制剤などによる治療を行っています。

関節リウマチや膠原病の病気の解明や今後のより良い診療のために,当科では日本全国の施設(長崎大学病院,長崎県内病院,全国の赤十字病院 など)と共同で,様々な臨床研究を行っています。 これらの研究のため,当科へ通院されている患者様の診療記録(画像や検査結果,治療経過など)を使用させていただきたいと思います。 なお,診療記録は全て匿名化され, 患者様のお名前などを特定されることは一切ありません。 今後の医療・診療の発展のため,皆様方のご理解をよろしくお願いいたします。(データが使用されないことを希望される患者様につきましては,データ使用を行わないようにいたしますので,主治医・担当医へお申し付けください。)

外来

新患 毎週 月曜日
再来(予約制になります) 毎週 火・木曜日

専門外来

毎週火曜日に川上先生(長崎大学病院・リウマチ膠原病内科教授)によるリウマチ専門外来を行っています。

診療科のご案内 診療案内

外来受付時間

8:30~11:00

※再来受付機による受付は午前8時00分より行っています。

休診日

土、日、祝

年末年始(12月29日~1月3日)
日本赤十字社創立記念日(5月1日)

面会受付時間

14:00~20:00

お問い合わせ

〒852-8511 長崎市茂里町3番15号

095-847-1511

交通アクセス

各種教室

日赤について

新病院建設

日本医療マネジメント学会