ホーム > 診療科・部門のご案内 > 医療技術部 検査課

医療技術部

部門概要

医療技術部検査課は、検体検査と生理機能検査を実施しています。
検体検査は、患者様から採取された血液や体液を自動分析機や顕微鏡を用いて分析し、病気診断や治療経過に必要なデータを報告します。 生理機能検査は、心電図や呼吸機能検査、超音波検査や筋電図検査など直接患者様に接して検査を行います。これらの検査業務には厚生労働省が認める国家資格を有した臨床検査技師が従事しています。臨床検査には様々な専門分野があり各学会が認定する認定免許制度があります。
当院の臨床検査技師は各種の認定免許を取得し、技術の向上に努めています。

精度保証認証施設

当院の検査室は平成23年度より(一般社団法人)日本臨床衛生検査技師会の精度保証認証施設として認定されています。これは当院の検査データが正確で精度が高いことの証です。全国で485施設が認証され、長崎県では当院を含む6施設が認証されています。(H25年現在)

スタッフ構成(2013年12月現在)

臨床検査技師 正規職員21名、臨時職員4名(半日2名)
検査助手 正規職員2名(業務員)

認定免許

細胞検査士
4名(国際細胞検査士2名)
認定超音波検査士
3名
緊急臨床検査士
1名
医療環境管理士
1名
臨床工学技士(臨床検査技師兼務)
2名
認定輸血検査技師
1名
認定心電検査技師
3名
日本糖尿病療法指導士
1名
分析機・試薬アナリスト
1名
認定管理検査技師
2名

各検査部門紹介

1.生化学検査

疾患の診断や治療効果を見るために、血液中の蛋白質・脂質・糖質・各種酵素等を測定しています。救急外来および外来診療前検査にも十分対応できるよう、正確かつ迅速な報告に努めています。

2.血液検査

血液内科を受診、紹介される患者さんが多いため、年間約400件の骨髄穿刺検査を実施しています。平成26年度中にはフローサイトメーター導入し、造血器腫瘍の診断や治療開始までの迅速化を実現します。

3.免疫・血清検査

採血された血液を使用して、肝炎ウイルスや梅毒などの感染症検査や腫瘍マーカー、甲状腺ホルモンなどの検査をしています。

4.輸血管理室

安全な輸血治療のための検査や管理をはじめ、自己血・洗浄血小板・末梢血幹細胞採取液の調整・保存も遂行しています。

5.微生物検査

感染症が疑われる材料(喀痰・尿・便など)から原因となる微生物(細菌・真菌)の検索や、細菌に対し有効な抗菌薬の効果を検査しています。又感染制御チーム(ICT)の一員として院内感染対策に取り組んでいます。

6.一般・外来検査

尿、糞便、穿刺液などを材料として、その性状や成分の分析を行います。

7.生理検査

心電図、肺機能検査、脳波検査、神経・筋電図検査、超音波検査(心臓、腹部、乳腺、甲状腺、血管など)や各種の動脈硬化検査も実施しています。

部門のご案内 診療案内

外来受付時間

8:30~11:00

※再来受付機による受付は午前8時00分より行っています。

休診日

土、日、祝

年末年始(12月29日~1月3日)
日本赤十字社創立記念日(5月1日)

面会受付時間

14:00~20:00

お問い合わせ

〒852-8511 長崎市茂里町3番15号

095-847-1511

交通アクセス

各種教室

日赤について

新病院建設

日本医療マネジメント学会