ホーム > 診療科・部門のご案内 > 看護部

看護部

看護部の紹介

看護部長挨拶

 当院は被爆者の皆様の医療・健康管理と、赤十字病院としての社会的使命という2つの大きな役割を担っています。『赤十字の使命のもとに、地域並びに被爆者の皆様へ良質な医療を提供します』を理念に、医療における被爆者の心の拠り所となるべく、そして、地域がん診療連携拠点病院として質の高い医療の提供に取り組んでいる地域中核病院です。
 超少子高齢社会を迎え、医療保険福祉は地域と一体となった切れ目のない体制へと大きな変革が迫られており、機能分化と更なるチーム医療の推進・強化が求められています。職員数の多くを占める看護職には、その専門性の発揮と役割拡大が期待されています。看護職が「チーム医療のキーパーソン」としての役割をしっかり果たしていくためには、常に自己の成長を意識しながら自分磨きが重要です。

 看護部では理念とする「心のこもった質の高い看護」を提供するためには、人材(人財)育成と働きやすい職場環境づくりが肝要と捉え、推進しています。キャリア開発ラダ―を基盤とする教育体制を整備し、看護職員のスタッフ一人ひとりが持つ能力を高め、キャリアアップができるように応援をしています。また、看護のパートナーである看護補助者も看護の質の向上のために、定期的な研修で知識・技術を深め、頑張ってもらっています。そして、スタッフが安心と自信を持って働いていくためには、育み・育まれる、支え・支えられる関係性が基盤にあることが重要であり、体制の強化にも取り組んでいます。
 職員が日々の仕事にやりがいを持ち、自分たちが行っている医療やサービスは最高であると信じ、そして、何と言っても患者さんが自分たちの受けている医療やサービスは最高であると感じて頂ける、患者・家族の皆様に信頼と安心を与えられる病院を目指して日々、努力してまいります。

看護部長(認定看護管理者) 中村 清美

看護部理念・方針

理念

私たちは赤十字の使命のもとに、心のこもった質の高い看護を提供します。

看護部の展望

赤十字看護職員として、各期(予防期・急性期・慢性期・終末期)をとおし、あらゆる場面で自ら考え判断し、各々が役割を発揮した看護が提供できる。

基本方針
  1. 看護の質の向上を目指し、専門職として組織・自己の成長に努めます。
  2. 看護の専門性を発揮し、多職種と協働してチーム医療の充実に努めます。
  3. 赤十字看護職員として災害救護に備え、知識・技術を高めます。
  4. お互いを支えあい、看護にやりがいが感じられる生き活きした職場環境作りに努めます。
  5. 看護学生及び他施設の看護職者を受け入れ、相互啓発を図ります。

看護体制(看護職員数、看護配置基準、看護提供方式)


自立・自助の心
与える心
複眼の心

 看護職員354名、看護補助者31名(2016年4月1日現在)です。一般病棟には入院基本料7:1の看護師を配置し、急性期看護補助者体制25:1の看護補助者を配置しています。
また2014年10月より開設した地域包括ケア病棟では、入院基本料10:1の看護師を配置し、急性期看護補助者体制25:1の看護補助者を配置しています。
 看護方式は、1)患者に安全、安心で質の高い看護を提供する2)パートナー同士の補完及び相互研鑽で、看護実践能力の向上を図る3)労働環境の改善、WLBの向上を目指す体制として、2015年4月からPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)を導入しました。
 パートナー同士、部署内でのコミュニケーション能力が高まると同時に、部署の団結力が強くなりとても働きやすい環境になりました。
 PNS方式は患者さんを中心に「こころのこもった看護」を提供するためにパートナーと協働しながら、WLBも充実して過ごすことができ、仕事にやりがいが持てる看護方式です。

看護部の委員会

種々の課題については、看護部内の委員会や部会で検討後、その結果が実践に反映され、看護業務改善に結びつくよう努めています。委員会には次のようなものがあります。

看護部運営に関すること

看護部長・副部長会議、看護師長会議、看護係長会議、看護師長・係長会議

看護職員の教育に関すること

キャリア開発委員会、キャリア開発認定委員会、新人看護師教育委員会、対象別教育委員会、IVナース教育委員会、看護研究委員会

看護の質向上に関すること

がん看護委員会、退院支援委員会、看護記録情報委員会、認定看護師会議

看護方式・業務・労務全般に関すること

災害看護委員会、PNS推進委員会、看護業務委員会、働きやすさ推進委員会、経営情報委員会

看護学生の教育に関すること

実習指導委員会

救護活動、国際救援活動

当院は赤十字病院として災害発生時にいつでも対応できるように、医療救護班を8個班(1チーム:医師1名、看護師長1名、看護師2名、薬剤師・事務職員など主事2名)編成しています。また、日本DMAT、日赤DMAT隊員も在籍しています。日頃より、赤十字救護員研修、こころのケア研修など実施し、いざという時に備えトレーニングしています。国際救援のための研修にも計画的に派遣しています。
昨年の東日本大震災においては救護班、こころのケア班、原子力災害スクリーニングチーム、石巻赤十字病院の業務支援など多くの看護師・助産師を3月から8月まで派遣しました。日常においても各種イベントの主催者から依頼を受けて様々な救護活動を行なっています。
国際救援としては、昨年10月からこの4月までの6ヶ月間フィリピン保健医療支援事業へ看護師1名を派遣しました。
また、赤十字講習会指導員が8名おり、健康生活支援講習、幼児安全法講習、介護技術講習などの普及活動に取り組んでいます。

村のボランティアさんたちと

衛生教育(手洗い方法)

各病棟・外来の紹介・看護PR

7階東病棟紹介

 血液疾患、消化器疾患を中心とした病床数46床の内科病棟です。病棟には、空気清浄度が高い準無菌室を2室備えており、高度な治療に伴う安全で快適な環境を提供しています。また、アルコール注入療法やラジオ波治療など、肝臓疾患の特殊治療も行っています。
 私たち看護師は、入院中も我が家で過ごしているような安心感を持っていただけるよう、また、ご家族の皆様と共に患者様を支える一員となれるよう日々取り組んでいます。

7階西病棟紹介

 循環器・内分泌疾患を中心とした内科と皮膚科を含む53床の病棟です。
 循環器科は、心臓カテーテル検査やペースメーカー植え込みなど週2回行われ、ほかにも化学療法、放射線療法、糖尿病教育入院など様々な治療が行われています。入退院が多く日々慌ただしい病棟ではありますが、スタッフの持ち前の明るさと元気とチームワークの良さをモットーに「ハートのこもった看護」を提供しています。

6階東病棟紹介

 呼吸器・消化器・神経疾患を中心とした病床数54床の内科病棟です。
感染症対策として、3床の簡易陰圧室を備えています。医師・看護師・薬剤師・理学療法士などでチーム医療を展開し、化学療法や放射線療法を受ける患者の皆様に寄り添った看護を提供しています。
 また糖尿病看護認定看護師とがん放射線療法看護認定看護師が所属しているため、より専門的な説明や指導を充実させています。

6階西病棟紹介

 外科、泌尿器科、眼科の病棟で、手術療法を中心に、化学療法、放射線療法を受ける患者様が入院されています。入院期間が比較的短く、慌ただしくなりがちですが、安心・安全に療養生活を送っていただけるよう、スタッフ皆で、退院後の生活を見据えた心のこもった看護を心がけています。

5階東病棟紹介

 婦人科、乳腺外科、内科の混合レディース病棟です。手術・放射線治療・化学療法が行われています。入院患者・ご家族の皆様へ、患者さんらしく療養生活が送れるよう地域中核病院、急性期病院としての役割を担います。看護師の経験年数の幅も広く、医師や薬剤師、認定看護師、多職種と連携・協働し、専門性を磨きながら、繊細さを大切に丁寧でこころのこもった看護に努めています。これからも、「退院後のよかった」の声をお聞きできるよう医療、保健、福祉などさまざまな領域の情報へもアンテナを高く邁進します。

5階西病棟紹介

 当病棟は、2014年10月より泌尿器科・耳鼻科・眼科・皮膚科の混合病棟から、地域包括ケア病棟へと新しく生まれ変わりました。
 病棟の特徴としては主に在宅復帰を目指す患者さんが多いため、患者さん一人ひとりに対し、退院に向けて計画的に関わりながら、在宅療養のための支援を行っています。
そして、スタッフ各々の特色や個性を生かし、患者さんに「こころのこもった看護」を提供できるように日々努めています。

4階病棟紹介

 病床数64床の整形外科・耳鼻咽喉科・形成外科の混合病棟です。入院される患者さんは幼児から高齢者まで年齢層が幅広いこと、運動機能の障害や「聞く・話す・食べる」など日常生活が制限されている方が多いことが特徴です。治療としては、主として手術や保存的な治療、機能訓練を行います。耳鼻咽喉科では手術のほかに化学療法や放射線療法も行っています。患者さんが一日も早く回復し社会復帰できるように、医師・病棟薬剤師・理学作業療法士・ケースワーカー・管理栄養士など多職種および地域の病院やケアマネージャーとも連携を取り、チームで支援しています。
 「いつも笑顔で元気!」なスタッフが揃っており、「明るく楽しい雰囲気」と「若さと体力」には自信があります。患者さんの命を支え、患者さんと家族の心に寄り添えるように、そして安心して治療に専念できる安全な療養環境と看護を提供するために日々努力しております。

HCU(ハイケアユニット)紹介

 HCUは2011年4月に新設された病棟です。大手術後や集中的な治療が必要な患者さんが入室されています。短期間での入室ですが笑顔を絶やさず、患者さんと向き合ってケアをしています。その一つとして、毎朝、患者さんを交えた情報共有と、安全な環境の提供を目的にウオーキングカンファレンスを行なっています。安全安楽はもちろん、日々、患者さんやご家族が安心できる看護を提供できるよう努力しています。

手術室・中央材料室紹介

 各診療科の入院及び外来患者さんの手術と中央材料室の業務を担当しています。5つの手術室(うちクリーンルーム1室)を有し、2015年度は約2900件の手術実績がありました。手術内容では、顕微鏡・内視鏡手術などの先進医療にも対応しています。患者さんが安全・安心・安楽に手術を受けられるよう、また、手術が円滑に行えるように手術看護を実践しています。
 患者さんに一番近い看護師の立場から、手術室内では患者さんの希望のBGMを流すなど、少しでも手術・麻酔への不安の軽減ができるようリラックスできる環境つくりに配慮しています。

各科外来紹介

内科(循環器、呼吸器、消化器、血液、代謝、内分泌)リュウマチ科、神経内科、外科、整形外科、皮膚科、泌尿器科、婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科・麻酔科・リハビリテーション科など13診療科を有しています。その他、内視鏡室・外来治療室を備えており、リラックスできる環境で治療が受けられるよう心がけております。
外来看護においては糖尿病や緩和ケア、皮膚・排泄ケアなどの専門ケア外来を行っており、それぞれ認定看護師が患者の皆様のニーズに応じた質の高い看護を提供できるように努めております。また、病棟との連携を重視した継続看護や、患者の皆様の生活を視野に入れた外来看護を目標に努めています。外来スタッフは安全・安心で責任のある看護、“やさしさ”が声になっている心のこもった対応ができるように心がけています。

認定看護師情報

認定看護管理者

中村清美 高倉雅子 髙﨑多恵子

医療の多用な価値観、さらに医療経済動向の課題など医療を取り巻く環境は著しく変化しています。
このような時代において、看護師は多様なヘルスケアニーズを持つ個人や家族および地域住民に対し、質の高い組織的看護サービスを提供し、保健医療福祉に貢献する役割を担っています。
私たち認定看護管理者は、病院組織において看護部の核となり、多職種協働で、時代に即した医療の提供方法や質の高い看護の提供によって、地域への貢献を目指しています。

認定看護師

当院には、2017年1月現在、10分野14名の認定看護師が活動をおこなっています。活動は、専門分野としてだけでなく、医師や薬剤師、検査技師等とのチームで、また、複数の認定専門分野が患者さんやご家族の状況に応じて関りを持たせていただいています。

感染管理認定看護師

金澤 美弥子

入院及び外来の患者さん、職員に対して院内での感染が起きないことを目指し、医師・薬剤師・臨床検査技師と共に活動しています。また、地域の施設とも協働し感染対策の実施に取り組んでいます。

訪問看護認定看護師

髙﨑 多恵子

在宅療養している方、これから始めようとしている方、または出来るだろうかと悩んでいる方に対してご本人やご家族の希望に沿ってその方らしい療養生活を地域で送ることができるよう、退院支援や訪問看護でサポートしています。

がん化学療法看護認定看護師

福原 香奈子

当院で化学療法を受けている患者さんやご家族が安心して治療が受けられることを目指し、つらい副作用の対処法を一緒に考え、ご自宅で快適に過ごせるように関わっています。

がん放射線療法看護認定看護師

村田 繁

これから放射線治療を受けられる方、治療中の方、治療を終えられた方それぞれに不安や悩みがあると思います。安心して放射線治療を受けて頂けるようにご本人・ご家族をサポートしていきます。

手術看護認定看護師

常井 菜穂

手術を受ける患者さんが、手術や麻酔に対しての不安が軽減できるように術前訪問を行っています。スタッフとともに全力でサポートいたします。

緩和ケア認定看護師

中島 綾子

出田 知加子

岩永 亜紀

緩和ケアとは、生命をおびやかす疾患と診断されたときから受けられる身体や気持ちのつらさを和らげるケアです。患者さんとご家族が抱える様々な苦痛や問題に対して一緒に考え、その人らしさや希望を支えられるようスタッフと一緒にサポートします。

乳がん看護認定看護師

前田 裕子

乳がん患者さんやご家族が納得して治療を受けられるように援助します。また治療による副作用や後遺症などの相談に応じ、治療を継続しながら生活を送ることが出来るようにサポートします。

皮膚・排泄ケア認定看護師

沖田 登美子

久松 曜子

創傷(床ずれや手術の傷など)・ストーマ・失禁のケアを行います。床ずれの予防やケア、排泄でお困りの方の適切な用具の選択やスキンケア、ストーマをお持ちの皆さまの日常生活へのサポートをします。

摂食・嚥下障害看護認定看護師

岩永 房子

食べたり飲んだりすることが困難な方が「安全においしく」食事ができるように、口の中のケアやリハビリ、食事内容の検討などに取り組んでいます。

糖尿病看護認定看護師

山口 洋美

森 明子

糖尿病をもちながらも患者さんが生き生きと生活できるように、療養生活での悩みや相談に対応し、継続的にサポートします。患者さんと共に考え、患者さん自身の力で療養生活に取り組めるように支援しています。また、医師をはじめとした他職種とも協働しながら、院内の糖尿病廻診や糖尿病教室実施などにも取り組んでいます。

看護師研修情報

看護部では教育研修体制を整備し、看護職一人一人のキャリアアップを応援しています。

1.キャリア開発ラダー

看護実践能力の到達目標を段階的に設定した教育システムです。自分で目標を決め、継続的に自己を成長させていくことができます。

看護実践能力の各段階の到達目標と研修内容

レベル 到達目標 研修内容
レベルI 指導や助言を受けながら看護活動ができる。 ・赤十字概論Ⅰ・Ⅱ
・日常生活援助技術
・与薬の技術
・多重課題(時間切迫)の対処法 等
(月1回の研修)
レベルII 部署内で自律して看護活動ができる。 ・看護研究Ⅰ・Ⅱ  ・看護のフィジカルアセスメント
・看護倫理     ・災害看護論Ⅰ・Ⅱ
・看護過程展開等
レベルIII 部署単位で活動できる。(リーダー、教育担当者、臨床実習指導者、救護班要員) ・家族関係の調整 基本編
・リーダーシップとメンバーシップ
・実習指導等
レベルIV 看護部門単位で活動できる。 新人の研修責任を担うことができる。 ・院外研修
・認定看護師教育課程受講(指定分野は公費出張)等
・専門領域研修に自主的に参加
レベルV 病院単位で活動できる。 ・院外研修
・専門看護師教育課程(大学院) 等
・専門領域研修に自主的に参加

看護実践者のラダーの他に、管理者ラダー、国際活動ラダーがあります。

2.全体教育

看護職全員を対象に、「看護過程の展開(NANDA看護診断)」、「重症度・看護必要度研修会」などの他、医療・看護界のトピックスや臨床講義を企画し実施しています。

3.専門領域別研修

がん看護、褥瘡ケア、退院支援など専門領域別の研修をシリーズで行い、専門性を高める支援を行います。

4.看護研究

看護大学の先生方のご指導を受けながら、看護研究に取り組んでいます。
看護師長・係長はじめ教育研究委員が支援します。

5.対象別研修

新人看護師医療安全研修、プリセプター研修、臨時看護師研修、看護補助者研修、中途採用者研修、看護係長研修、看護師長研修、育児休業復帰者研修など対象を絞って必要な研修を行っています。

6.救護看護師養成研修

赤十字の救護看護師としての知識・技術を講義・実技・野外演習などを通して身につけ、災害発生時に迅速に活動できる看護師を育成します。

7.看護研究情報:研究名、研究内容

毎年、各部署において看護研究に取り組み、各学会などで発表を行っています。学会発表の一部をご紹介いたします。

ナースからの一言

フレッシュ!2年目ナース

Aさん(県立長崎シーボルト大学看護学科卒)
ずっと憧れていた看護師として働き出し、1年が経ちました。この1年は本当にあっという間に過ぎていきました。
病棟に配属されてすぐは、分からない事だらけで何を質問したらいいのかも分からない程でした。看護師になれた嬉しさより、不安と緊張でいっぱいだったのを覚えています。
しかし、この1年間で多くの患者様やご家族との出会いがありました。その中で、看護技術だけではなく、信頼関係を築く大切さなど多くのことを学ばせて頂きました。また、院内留学や、新人研修など学ぶ機会が多く、一つずつ学習することで、自信を持って看護できる場面が増えたように思います。
また、プリセプターをはじめ周囲の先輩方が、温かく指導して下さる事が心強かったです。同期の存在も大きく、互いに成長するための励みになっています。
まだ未熟な面ばかりですが、先輩方から多くのことを吸収しながら看護師として成長していきたいです。また、多くの出会いの中で学んだことを信じ、自分なりの『看護観』を育てていきたいと思います。これからの出会いも大切に、日々看護と向き合っていきます。

フレッシュ!2年目ナース

Bさん(日本赤十字九州国際看護大学卒)
私が勤める6階西病棟は、主に胸部・消化器疾患の周手術期看護や緩和ケアを行っています。毎日忙しいですが、患者さん方としっかり向き合え、看護の楽しさを肌で感じることができる、とても働き甲斐のある病棟です。
入社して1年、緊張感のある場面も多く、最初は何をするにも不安と戸惑いばかりでした。しかし、先輩看護師や医師が丁寧に助言や指導をして下さるので、いつも安心して看護を提供することができました。充実した教育体制の下、エビデンスに基づいた知識や技術を段階的に学ぶことができるため、少しずつではありますが、自己の成長を実感し、自信につながってきています。今後も初心を忘れず自己研鑽し、知識と技術を高めて、多くの方に信頼していただける看護師を目指し尽瘁して参りたいと思います。
患者さんとご家族の笑顔の為に!と、スタッフ一丸となり頑張る日々です。

キラキラ輝く3年目ナース

Cさん(長崎医師会看護専門学校卒)
看護師になり3年目になりました。これまでの2年間を振り返ると、初めてのことだらけで戸惑うことや大変なこともありましたが、プリセプターをはじめ、多くの先輩方から支えられ、また患者様との出会いの中で様々なことを学びながら、充実した日々を送っています。
私は以前、長崎原爆病院に入院したことがあります。その時の看護に感銘を受け「私もこんな看護師になりたい!」と強く思い長崎原爆病院へ就職を志望しました。あの時の憧れの看護師に少しでも近づけるよう、日々勉強に励んでいます。 長崎原爆病院は新人教育も充実しており、また知識・技術・経験豊富なスタッフが多く揃っているので、日々たくさんの学びがあります。皆さんも一緒に頑張ってみませんか。

みんなのムードメーカー 9年目ナース

Dさん(長崎大学医学部医療短期大学看護学科卒)
私は循環器を中心とした内科病棟で働いています。循環器だけでなく様々な疾患があるため、日々の経験が学びとなります。
院内でも研修が多く企画されており、キャリア開発ラダーシステムもあることから、自己の目標を持って学習するこができます。
また、積極的にカンファレンスを行い、他職種との連携を取り、広い視野から看護ケアに取り組む事ができ、自分の成長につながっていると感じています。
新人看護師や新採用看護師の指導を病棟全体で取り組み、日頃から看護業務もスタッフ全員で協力し合っており、とてもチームワークが良いと感じ安心できます。看護師として、常に緊張感のある職場ですが、雰囲気が良く心にゆとりを持て働きやすい職場だと思います。そして当院は赤十字病院であり、平穏時からの救護訓練、地域行事の救護や災害救援活動に参加することがあり、災害看護の学びが出来ます。
また、院内にはクラブ活動もあります。私はバレー部に所属し、汗を流しながら楽しんでいます。赤十字病院対抗の九州大会・全国大会もあり、勝利を目指し練習に取り組んでいます。院内ではスポーツ大会・忘年会・院内旅行とたくさんの行事もあり、部署対抗で白熱した戦いが行われ、そこでも部署の団結力が高まります。

パワフルママさんチーム

Eさん(国立中央病院附属看護学校卒)
1年間の育児休業を終えて、現在は育児短時間制度利用して半日勤務を行っています。復職するまでは「仕事と子育ての両立ができるのだろうか・・・」と不安でいっぱいでしたが、いざ配属されて勤務してみると 上司の理解や同僚のサポートもあり、子育てを楽しみながら無理なく勤務できています。
勤務中は病院の託児所に子供を預けているのですが、保育士の先生が みんな親切で、子供もすぐに慣れていきました。今では託児所に通う事を楽しみにしていて、どんどん成長していく姿をみるとホッとすると同時に「私も、もっとがんばろう」と意欲をもらいます。子供の成長に合わせて、上司と相談しながら勤務のしかたを見直して私もスキルアップを目指していきます。
子育て世代にある看護師の皆さん、子育ての情報交換しながら一緒に働いていきましょう!!

看護教育

学生実習

  • 1)県立大学シーボルト校看護栄養学部看護学科(基礎看護学、成人看護学、老年看護学
  • 2)赤十字九州国際看護大学(看護の実践と統合)
  • 3)福岡保健学院福岡専門学校2年課程(基礎看護学、成人看護学、老年看護学、看護の実践と統合)

看護師研修

  • 1)日本赤十字社九州ブロック看護管理者研修
  • 2)赤十字看護管理者研修ファーストレベル実習
  • 3)認定看護師研修実習(糖尿病看護)
  • 4)長崎県委託事業「専門分野における質の高い看護師育成事業(糖尿病看護)」研修・実習
  • 5)長崎県委託事業「専門分野における質の高い看護師育成事業(がん看護)」実習
  • 6)長崎県委託事業「看護力再開発講習会」実習
  • 7)その他、地域の医療機関依頼の看護師研修
部門のご案内 診療案内

外来受付時間

8:30~11:00

※再来受付機による受付は午前8時00分より行っています。

休診日

土、日、祝

年末年始(12月29日~1月3日)
日本赤十字社創立記念日(5月1日)

面会受付時間

14:00~20:00

お問い合わせ

〒852-8511 長崎市茂里町3番15号

095-847-1511

交通アクセス

各種教室

日赤について

新病院建設

日本医療マネジメント学会