ホーム > 患者の皆様へ > 診療科・部門のご案内 > 内科 > 神経内科

神経内科神経内科

診療科のご案内

診療案内

  • 外来受付時間
    初診8:30~11:00
    再診8:15~11:00

  • 休診日
    土、日、祝日

    年末年始(12月29日~1月3日)
    日本赤十字社創立記念日(5月1日)

  • 面会受付時間
    平日14:00~20:00
    土日祝日11:00~20:00

  • お問い合わせ
    095-847-1511

    〒852-8511 長崎市茂里町3番15号

神経内科

医師紹介

木下 郁夫

役職名 副院長、神経内科部長、リウマチ・膠原病内科部長、医療社会事業部部長、教育研修推進室長
専門分野 神経内科
認定資格 日本神経学会専門医・指導医
日本内科学会認定医・指導医
日本頭痛学会専門医
長崎大学医学部臨床教授
日本プライマリ・ケア連合学会認定医
認知症サポート医

濵崎 真二

役職名 神経内科治療部長
専門分野 神経内科
認定資格 日本神経学会専門医
日本内科学会総合内科専門医
医学博士

神経内科

 
午前新患     木下   濵崎
再診 木下

木下

13:30~

頭痛外来

※要予約

- - -
午後再診 濵崎※要予約 - - - -

 

診療科の方針・診療方針

脳血管障害から神経難病まで幅広く入院を受け入れ、診断・加療を行っています。外来ではそれに加え、訴えとして多い頭痛、めまい、物忘れなどを積極的に診療しています。2011年4月より2人体制となり、より迅速に対応し、専門医の不在による事態も改善されています。市内・県内の他の神経内科、脳神経外科、リハビリテーション科の病院と連携し、診療の質を上げるように努力をしています。

診療統計(症例数・治療成績)

毎年200人前後の入院、外来は月に約250名以上を診察しています。現体制では脳梗塞の超急性期の加療は困難ですが、24時間以内の急性期脳血管障害の加療は積極的に行っています。また、神経変性疾患(パーキンソン病、その関連疾患、アルツハイマー病など)や免疫性神経筋疾患(多発性硬化症、筋炎、重症筋無力症、ギラン・バレー症候群など)も対応しています。その他、麻酔科、放射線科と協力し積極的に脳脊髄液減少症の診断、ブラッドパッチ(自家血パッチ)も行なっています(2015年から2017年の3年間で、脳槽シンチグラフィー25件、生食パッチ19件、ブラッドパッチ17件)。

特殊・専門外来紹介

2011年5月より頭痛外来を開設しました
(診療日:毎週火曜日 13:30~予約診療
予約や症状に対する問い合わせ:14:00以降 内科外来まで
※午前中の問い合わせはご遠慮下さい)。
基本的には慢性頭痛(最近急におこった頭痛ではなく、以前より繰り返す、持続する頭痛)を診察し、診断・治療方針を詳しく説明します。2018年1月末現在で県内の離島や県北地域を含め981名の新患頭痛患者を診察しました。頭痛専門医が対応します。上記のように頭痛外来の一環として脳脊髄液減少症の診療にも積極的に関わっています。

その他

研修医の指導、学生実習を行い、積極的に学会発表や論文作成に務めています(2015年から2017年の間で学会発表10題、論文6編)。

お知らせ

詳細を表示する閉じる