ホーム > 診療科・部門のご案内 > 病理部

病理部

病理部紹介

部門概要

病理部は病気の診断の確定や治療に深く関わっている部署であり、顕微鏡により病気の最終診断を行います。病理診断は医師免許が必要な医行為であり、病理医によって行われます。患者様とは直接に接することはありませんが医療の基礎を陰で支える重要な部門です。

施設認定

日本病理学会認定施設

スタッフ紹介

病理医 常勤医 1名(病理部長)
非常勤医 4名(病理専門医)
臨床検査技師 4名(全員特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者)
3名(日本臨床細胞学会認定細胞検査士)
検査助手 2名(午後より隔週交代で医療技術部・検査課より兼務)

業務紹介

1.病理組織診断

手術で摘出した臓器や内視鏡で採取した組織、注射器で突刺した生検材料より標本を作製し腫瘍の良悪性、浸潤の程度や転移の有無、組織学的分類を策定し予後の判定に必要な情報や治療方法決定の助言を臨床医にすることが重要な役割です。診断は、通常の染色標本に加えて組織や細胞特有の特質を同定する免疫染色や遺伝子検索などの検査も加味して行われています。

2.術中迅速診断

手術中に採取された組織の一部やリンパ節の腫瘍の有無を20分程の短時間で診断します。
悪性腫瘍の場合は病変が残っていないかの判断やリンパ節等への転移が無いかの確認を行います。
全国的な病理医不足の中で、他施設よりの術中迅速診断も受託しています。

3.細胞診

喀痰、尿、体腔液(胸水、腹水)等の組織として採取できないものや、婦人科や乳腺、甲状腺などの擦過や突刺された検体中の細胞を顕微鏡で観察し正常や異形成細胞、腫瘍細胞かの判定を行います。
細胞検査士により拾い上げられた異常細胞が病理医により最終的に診断されています。

4.病理解剖(剖検)

亡くなられた患者様に対してご遺族の承諾のもとに直接的な死因の究明や治療効果の判定、治療法の評価等を目的として病理学的検索を行います。
剖検報告は院内の臨床病理検討会(CPC)や日本病理学会への報告がなされ「日本病理剖検輯報」として出版されることにより、国民の健康・福祉に貢献しています。

5.その他

開院以来の組織標本や硝子プレパラート標本の保管。
院内や院外の先生の要請による標本の貸し出しや管理。
増加する外注検査の依頼に応じての標本の作製。
長崎腫瘍登録委員会への提出標本の作製。

実績

  2009年 2010年 2011年 2012年
組織診 3147件 3221件 3638件 3600件
組織ブロック数 15407個 15980個 16930個 17306個
免疫染色 302件 265件 369件 394件
細胞診 7800件 7784件 7844件 8009件
術中迅速診断 333件 299件 329件 342件
剖検 16体 13体 14体 11体

主な機器

自動染色装置
DRS-Prisma(サクラ)
組織脱水装置 
VIP-5Jr (サクラ)
組織包埋装置
TECプラス(サクラ)
ミクロトーム
HM-440E・HM-450(MICROM)
凍結組織作製装置
CM1950(ライカ)・クライオ3(サクラ)  
自動カセット印字装置
プリントメイト450(サーモフィッシャー)
全自動免疫染色装置
BOND MAX(ライカ)
組織分解装置
エコプロセス(サクラ)
安全キャビネット
BHC-700AI(AIRTECH)
顕微鏡
ニコン・オリンパス
部門のご案内 診療案内

外来受付時間

8:30~11:00

※再来受付機による受付は午前8時00分より行っています。

休診日

土、日、祝

年末年始(12月29日~1月3日)
日本赤十字社創立記念日(5月1日)

面会受付時間

14:00~20:00

お問い合わせ

〒852-8511 長崎市茂里町3番15号

095-847-1511

交通アクセス

各種教室

日赤について

新病院建設

日本医療マネジメント学会