ホーム > 先輩ナースからのメッセージ

礼儀正しくて、眩しいくらいに笑顔が素敵な人だなと思いました。実際に、スタッフや患者さん、誰とでもコミュニケーションをとることができ、周囲にも気を配りながら動けていて、私が見習いたいと思うほどでした。中島さんとなら1年間、一緒に成長することができると感じました。

そんなにお褒めの言葉を頂いて何と言ったら良いか・・・(笑)
初めて大田さんにお会いした時から、優しくて暖かい雰囲気とお人柄に緊張が吹き飛んでいました!
大田さんが、「一緒にがんばろうね!」と言ってくださって、一人じゃない!と思うことができたんです。

1年前に比べると、点滴管理や輸血療法看護、化学療法時のケアなどの医療に関する行為も慌てずに行えるようになったと思います。しかし、患者さんに必要なケアは何だろう・・・と迷う場面も多くあり、先輩方にたくさん助言していただきながらの毎日です。少しづつ、自分で考えられるようになりたい!といつも思っています。

疾患や治療に関する知識や看護技術に関しては、自己学習や日々の努力の跡が見て取れて、この1年多くのことを習得できたと思います。様々な患者さんと関わらせて頂く中、終末期の患者さんとそのご家族の思いをよく考え、悩みながらも周りに相談しながら、看護師として丁寧な関わりができるようになっており、頼もしくも感じています。

これからもその優しさと積極性を大切に、多くの患者さんに、中島さんの誠実で温かい看護を提供し続けてもらえたらと思います。

(先輩からの言葉をもらって)心が折れそうな時も、ほんとうに大田さんが、いつでも信じていてくれたから1年間学んでこれました。ひとつひとつ一緒に基本に返って振り返りをしてもらったり、何度も苦手分野を教えて下さったり・・・。
これからも基本を大切にしていきたいし、大田さんが私と真っすぐ向き合ってくださったように、私も患者さんと誠実に向き合いたいと思っています。

現在私は、11階病棟で勤務をしている看護師です。入職してから14年が経ち、男性看護師の仲間も少しずつ増えてきました。14年の間に、結婚そして子どもが3人誕生しました。2人目が誕生した際、子どもの入院があったこともあり、育児休暇を申請しました。職場にかかる負担を考えると、とても申し訳ない気持ちでしたが、上司や同僚から温かい支援をいただき、育児休暇を取得できました。育児休暇で育児の大変さを身をもって知り、さらに、仕事へのやる気スイッチが良い意味でリセットされた気持ちになりました。
現在は、幼稚園や小学校、そして地域での役割もあり、毎日めまぐるしい生活ですが、看護師という仕事へのやりがいを持つことができています。同僚も子育て世代が多く、それぞれの家庭と仕事が両立できるように、協力し合ってがんばっています。

©Japanese Red Cross Nagasaki Genbaku Hospital All Rights Reserved.