ホーム > 当院について > 被爆者医療について

被爆者医療について被爆者医療について

患者慰問

長崎を訪れる人々の原子爆弾に対する関心は非常に高く、長崎原爆病院へも、多くの団体が患者さんの慰問に訪れています。また、毎年6月には、ANAグループより患者さんの心を癒す「すずらん」の寄贈が行われています。

※2017年度実績

8月2日(金) 長崎市長、長崎市議会議長、長崎県知事(代理)
8月5日(月) 日本医学ジャーナリスト協会西日本支部
8月7日(水)
平和環境岩手県センター
日本生活協同組合連合会
日本共産党
8月8日(木) 原水爆禁止世界大会 神奈川県実行委員会
広島市民代表(市長、議長、被爆者代表)
参議院議長
竹田少年平和使節団
原水爆禁止世界大会 海外代表
8月9日(水) 生活協同組合コープこうべ

  • ANAグループより すずらんの寄贈
  • 長崎市長慰問

お知らせ

詳細を表示する閉じる