ホーム > 患者の皆様へ > 診療科・部門のご案内 > 放射線治療科

放射線治療科放射線治療科

診療科のご案内

診療案内

  • 外来受付時間
    初診8:30~11:00
    再診8:15~11:00

  • 休診日
    土、日、祝日

    年末年始(12月29日~1月3日)
    日本赤十字社創立記念日(5月1日)

  • 面会受付時間
    平日14:00~20:00
    土日祝日11:00~20:00

  • お問い合わせ
    095-847-1511

    〒852-8511 長崎市茂里町3番15号

部門概要

ご挨拶

放射線治療はがんの有効な治療法です。放射線治療の目的は、癌の完全治癒を目指す根治的放射線治療はもちろん、患者さんの症状の軽減を目指す緩和的放射線治療まで幅広く様々です。長崎原爆病院では、通常の放射線治療のほか、抗がん剤と放射線治療を組み合わせた化学放射線治療、ピンポイントでがん病巣を狙い撃ちする定位的放射線治療や強度変調放射線治療(IMRT:Intensity Modulated Radiotherapy)など高精度放射線治療まで実施しています。患者さんやご家族と一緒に、放射線治療がお役に立てることをひとつずつ考えながら、がん治療における放射線治療の役割をはたしていきたいと考えています。

施設認定および外部機関による放射線治療部門評価

日本放射線腫瘍学会認定施設認定証

・日本放射線腫瘍学会認定施設認定証

治療用照射装置出力線量の第三者機関による測定実施証明書

・治療用照射装置出力線量の第三者機関による測定実施証明書

計量法認定事業者による治療用線量計校正実施証明書

・計量法認定事業者による治療用線量計校正実施証明書

放射線治療科

医師紹介

林 靖之

役職名 放射線治療科部長
専門分野 放射線治療
認定資格 日本医学放射線学会放射線治療専門医
日本放射線腫瘍学会認定医
日本がん治療認定医
日本放射線腫瘍学会代議員
日本高精度外部照射研究会世話人
日本放射線外科学会世話人

福嶋 藤平

役職名 嘱託医師
専門分野 放射線治療
認定資格 日本医学放射線学会治療専門医

放射線治療科

 
午前新患

林 靖之※要予約

福嶋 藤平

再診

 

スタッフ紹介

放射線治療専門医 林 靖之
福嶋 藤平
診療放射線技師 当院「放射線部」に所属する診療放射線技師のうち3名常勤
※当院「放射線部」に所属する診療放射線技師には、下記が含まれる。
医学物理士:1名
放射線治療専門放射線技師:3名
放射線治療品質管理士:2名
看護師 放射線治療専従看護師:1名 + 放射線治療科/放射線科看護師:1~2名常勤
※その他、放射線治療認定看護師:1名 病棟勤務
放射線治療部事務担当職員 1名常勤

業務紹介

①長崎原爆病院における放射線治療患者(新患)数の推移
 

②長崎原爆病院における放射線治療患者(新患+旧患)
:2017年度 疾患別

③長崎原爆病院における定位的放射線治療患者数の推移
 

④長崎原爆病院における強度変調放射線治療(IMRT)
患者数の推移

参考

当院における通常の放射線治療の様子

早期喉頭癌に対する放射線治療の様子です。患者さんは喉頭(頸部)に放射線治療を受けています。患者さんの頭部・頸部を患者さんの輪郭に合わせて作成したマスクで覆い固定しています。放射線を照射する部位を位置合わせして確認した後、エックス線を照射します。放射線治療は、土曜・日曜・祭日を除く毎日おこないます。1日に放射線を照射する時間は、約1分ほどです。早期喉頭がんの場合には、33回(2グレイ×33回=合計66Gy:月曜~金曜 週5回照射で7週間)をかけて放射線治療をおこないます。

当院における転移性脳腫瘍に対する定位的放射線治療

転移性脳腫瘍に対する定位的放射線治療の様子です。患者さんは頭部に放射線治療を受けています。患者さんの頭部をマスクで覆い固定しています。病変を小さく強くピンポイントで照射するため、寝台とガントリー(放射線の照射口)の回転を組み合わせて照射します。

4つの寝台位置にそれぞれガントリーの回転を組み合わせることによって、放射線ビームは弧を描きながら、病変部を常に照射します。この時、放射線のビームは病変の形状に合わせて変化しながら照射を続けています。これにはマルチリーフコリメーターという短冊状の鉛板が病変の形状に合わせて照射野を調整しているのです。

マルチリーフコリメーターの動作をご覧ください。リーフの動きがコンピューターで制御され、複雑な腫瘍の形状にも対応します。

当院における肺癌や肝癌に対する定位的放射線治療

肺癌や肝癌に対する定位的放射線治療の様子です。患者さんは肺や肝に放射線治療を受けます。病変を小さく強くピンポイントで照射するため、8つの寝台とガントリー位置を組み合わせて照射します。

当院における強度変調放射線治療(IMRT:Intensity Modulated Radiotherapy)

頭頚部癌に対するIMRTの様子です。患者さんの病変部(頸部)周囲を回転しながら、マルチリーフコリメーターを複雑に移動させて、照射野内に不均等な線量分布を作成します。
カラーで表示される部分が治療に必要な放射線線量が照射される部分です。病変部だけを選択して、脊髄や唾液腺などの正常組織を避けながら照射されている様子が理解できます。

お知らせ

詳細を表示する閉じる