ホーム > 患者の皆様へ > 診療科・部門のご案内 > 泌尿器科

泌尿器科泌尿器科

診療科のご案内

泌尿器科

医師紹介

鶴崎 俊文

役職名 泌尿器科部長
専門分野 泌尿器癌
前立腺疾患
認定資格 日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本透析医学会専門医
日本癌治療認定医機構認定医・暫定教育医
長崎大学医学部臨床教授
日本泌尿器科学会 日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器腹腔鏡技術認定医
日本内視鏡外科学会 技術認定医(泌尿器腹腔鏡)
臨床研修指導医
西日本泌尿器科学会評議員

山崎 安人

役職名 前立腺疾患治療部長
専門分野 泌尿器科一般
認定資格 日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本透析医学会専門医
日本癌治療認定医機構認定医
臨床研修指導医

丸田 大

役職名 泌尿器科副部長
専門分野 泌尿器科
認定資格 日本泌尿器科学会 専門医・指導医
日本癌治療認定医機構認定医
臨床研修指導医

泌尿器科

 
午前新患 丸田・山崎 山崎 鶴﨑・丸田 山崎 鶴﨑
再診 山崎・鶴﨑 - 丸田・山崎 鶴﨑 丸田
午後再診 - 丸田※要予約 - - -

診療科の特色・診療方針

地域がん診療連携拠点病院の泌尿器科として、一般的な腎細胞癌、腎盂尿管癌、膀胱癌、前立腺癌を中心に、比較的まれな副腎癌、陰茎癌、精巣癌など泌尿器悪性腫瘍(がん)に対して、最新の治療を行っております。
また、癌以外の一般疾患も数多く診断・治療を行っております。特に前立腺肥大症、尿路結石(腎結石、尿管結石、膀胱結石)等の良性疾患も数多くの手術を行っております。
しかし、当院に小児科や慢性血液透析の設備がないため、小児泌尿器科疾患、慢性腎不全の患者さんの診療は外来診療のみに限って行っております。また入院治療が必要な患者さんは適切な他施設に紹介しています。
また2018年5月からは当院での体外衝撃波結石破砕術(ESWL)の治療は行うことができません。他院でESWLでの治療が困難な症例に対し、経尿道的腎尿管砕石術(TUL)や経皮的腎尿管砕石術(PNL)を中心に行います。
また、近年の医療情勢の変化にも対応し、DPC病院であることもあって、クリティカルパス等を駆使し、医療の質の向上に努めています。

診療統計(症例数・治療成績:平成29年)

2017年の手術症例は、計688例です。
癌に対する手術は、腎細胞癌の腎部分切除術4例(うち腹腔鏡下手術1例)、根治的腎摘13例(うち腹腔鏡下手術11例)、腎盂尿管癌の腎尿管全摘6例(うち腹腔鏡下手術6例)、膀胱癌の経尿道的膀胱腫瘍切除術(TURBT)96例、根治的膀胱全摘6例(尿管皮膚瘻3例、回腸導管3例、新膀胱0例)、前立腺癌の根治的前立腺全摘41例など数多く行っています。
そのほかの手術は、前立腺肥大症の経尿道的前立腺切除術(TURP)(15例)やホルミウムレーザー前立腺核出術(HoLEP)(70例)、尿路結石の体外衝撃波結石破砕術(83例)や経尿道的腎尿管砕石術(TUL)(111例)等、良性疾患に対しても積極的に手術を行っています。

前立腺癌の治療

早期がんに対する根治的前立腺全摘除は、毎年30-50例程度行っております。原則75歳以下の症例に対して行っており、8㎝程度の下腹部正中小切開で、2時間程度の手術時間で行っております。より再発率を下げるため、開放手術ならではの拡大骨盤内リンパ節郭清を全例に施行しております。良好な手術成績は論文や学会発表、インターネット(MediChannel)でも公表しております。ほとんどの症例で自己血輸血を準備し、輸血することで同種血輸血を回避できております。手術翌日より歩行・食事が可能で、入院期間は2週間程度です。一部の進行がんや再燃がんに対しても行うこともあります。
内分泌療法は、最新の知見をもとに、さまざまな方法で施行可能で、副作用対策も積極的に行っております。通常1~3か月に1回の通院治療が可能です。エンザルタミドやアビラテロンも多数例に行っております。
化学療法は、去勢抵抗性前立腺癌の症例を中心にドセタキセルやカバジタキセル療法(入院でも外来でも可能)などを、行っております。
放射線療法について、外照射療法は最新の放射線治療機器を導入し、強度変調放射線療法(IMRT)を行っております。2014年2月より本格的に開始し、現在まで約110例の治療を行いました。また塩化ラジウムによる骨転移に対する治療や、ストロンチウム‐89を用いた骨転移巣に対する疼痛緩和療法も可能です。しかし当院には放射線療法の一つである小線源療法や粒子線療法は設備がなく、希望者には適切な施設を紹介しております。 います。

尿路上皮癌(腎盂尿管癌、膀胱癌)の治療

腎盂尿管癌の手術は、腹腔鏡下腎尿管全摘除術を積極的に施行しております。リンパ節郭清の必要な症例なども可能な限り腹腔鏡下で施行しております。腹腔鏡下手術が困難な症例は傍腹直筋小切開による腎尿管全摘除術を行っております。
早期がんに対して、TURisシステムを用いて経尿道的膀胱腫瘍切除術(TURBT)を行っており、追加で深層(筋層)を切除し、病期診断・治療をしっかり行なっております。術後に膀胱内注入療法(テラルビシン、マイトマイシンC、マイトマイシンC+シタラビン、BCG)も再発の可能性の高い症例に行っております。またT1G3症例にセカンドTURBTも積極的に行っております。
進行がんの症例に対し手術、放射線療法、化学療法を行っております。症例によっては種々の治療を組み合わせて集学的治療行っております。根治的膀胱全摘術は、泌尿器科の中で最も高侵襲な手術のひとつであり、難易度の高い手術です。当科ではより迅速にかつ安全に手術を施行し、さらに術後合併症を少なくする様々な工夫をしております。尿路変更はチューブレス尿管皮膚ろう術(豊田法)、回腸導管造設術、新膀胱形成術(Studer法)を中心に行っております。新膀胱形成術はここ10年で20例以上に施行しています。

腎細胞癌の治療

早期がん、進行がんの症例に唯一の根治療法として手術を積極的に行っております。基本的に腹腔鏡下根治的腎摘除術で行っております。また昨年からは腹腔鏡下腎部分切除術も開始しています。腹腔鏡下手術が困難な症例は開放手術として傍腹直筋小切開による根治的腎摘除術や腎部分切除術を行っております。
当院では、現在市販されている腎細胞がんに対する免疫療法や分子標的薬による治療がすべて可能です。インターフェロンα(IFNα)、インターロイキン2(IL-2)、ソラフェニブ(ネクサバール)、スニチニブ(スーテント)、エベロリムス(アフィニトール)、テムシロリムス(トーリセル)、アキシチニブ(インライタ)、パゾパニブ(ヴォトリエント)、ニボルマブ(オプジーボ)などの治療を有転移症例に積極的に行っています。

論文・学会発表・講演など

論文発表

1.Pathological significance and prognostic significance of FES expression in bladder cancer vary according to tumor grade.

J Cancer Res Clin Oncol. 144(1):21-31. Epub 2017 Sep 26.
Asai A, Miyata Y, Takehara K, Kanda S, Watanabe SI, Greer PA, Sakai H.

2.血流再開後の移植腎動脈血栓のための再灌流、再吻合を要した献腎移植の1例

大仁田 亨、山崎 安人、辻 清和、山下 鮎子、 川崎 智子、濱村 みどり、竹田 昭子、大坪 亜紗斗、中西 裕美、望月 保志、錦戸 雅春、松屋 福蔵
日本臨床腎移植学会雑誌 5:54-57、2017

学会発表

第105回日本泌尿器科学会総会ランチョンセミナー(2017.4.21 鹿児島市)

ドナーの選択と問題点
錦戸 雅春、中西 裕美、岩田 隆寿、望月 保志、宮田 康好、酒井 英樹、山崎 安人、 大仁田 亨, 松屋 福蔵

第105回日本泌尿器科学会総会ランチョンセミナー(2017.4.22 鹿児島市)

腫瘍性尿管閉塞に対する初期治療としての金属製尿管ステントの有用性
鶴﨑俊文

第267回日本泌尿器科学会長崎地方会(2017.6.3 長崎市)

Trousseau症候群を伴った尿路上皮癌の2例
浅井昭宏、鶴崎俊文、山崎安人、今里祐之

第267回日本泌尿器科学会長崎地方会(2017.6.3 長崎市)

腹腔鏡下腎盂形成術を施行した腎盂尿管移行部狭窄症5例の検討
大仁田亨、迎 祐太、鹿子木 桂、錦戸雅春、松屋福蔵、山崎安人

第26回日本小児泌尿器科学会総会(2017.7.7 名古屋市)

膀胱破裂を認めたエーラス・ダンロス症候群の1例
倉田博基、山崎安人、大仁田 亨、松屋福蔵

第69回 西日本泌尿器科学会総会 (2017.11.10 大分市)

尿管坐骨ヘルニアの2例 保存的治療例および腹腔鏡下根治術施行例の経験
伊藤 秀徳、大仁田 亨、 計屋 知彰、山崎 安人、青木 大勇、鹿子木 桂、錦戸 雅春、松屋 福蔵

第69回 西日本泌尿器科学会総会 (2017.11.11 大分市)

Changes in lymphangiogenesis and vascular endothelial growth factor expression by neo-adjuvant
hormonal therapy in prostate cancer patients.
Akihiro Asai

第268回日本泌尿器科学会長崎地方会(2017.12.16 長崎市)

腹腔鏡下前立腺全摘術後の尿禁制についての検討
大仁田亨、伊藤秀徳、倉田博基、迎 祐太、鹿子木 桂、錦戸雅春、松屋福蔵、山崎安人

第268回日本泌尿器科学会長崎地方会(2017.12.16 長崎市)

前立腺全摘術後の経過観察におけるPSA nadirの有用性
浅井昭宏、鶴崎俊文、山崎安人、林靖之、大坪まゆみ

第268回日本泌尿器科学会長崎地方会(2017.12.16 長崎市)

限局性および局所進行性前立腺癌に対する強度変調放射線治療(IMRT)の初期成績
浅井昭宏、鶴崎俊文、山崎安人、林靖之、大坪まゆみ

第268回日本泌尿器科学会長崎地方会(2017.12.16 長崎市)

回腸導管変法(intraperitoneal anterior ileal conduit)の2例
鶴崎俊文、浅井昭宏、山崎安人、丸田大

講演

前立腺癌学術講演会(2017.2.7 嬉野市)

去勢抵抗性前立腺癌の治療
鶴﨑俊文

第109回長崎県臨床内科医会学術講演会(2017.2.17 長崎市)

実は悩んでいる?思ったより多い・・・UUI(切迫性尿失禁)とは
鶴﨑俊文

JUA2017ランチョンセミナープレミーティング(2017.2.21 大阪市)

当院における金属製尿管ステントの治療成績
鶴﨑俊文

医学教育勉強会(2017.2.21 長崎市)

前立腺癌の薬物療法
鶴﨑俊文

長崎ストーマケア学習会(2017.9.2 諫早市)

尿路ストーマ:種類、疾患、造設術、合併症
鶴﨑俊文

医学教育勉強会(2017.12.12 長崎市)

前立腺癌のOncological emergency
鶴﨑俊文

日本新薬社内研修会 (2017.12.21、長崎市)

根治的前立腺全摘術後の経過観察 / 近年の当科でのタダラフィル使用状況
浅井昭宏

著書

泌尿器科検査パーフェクトガイド PartⅡ 疾患別:実施すべき検査と典型所見

⑥尿路・性器の感染症 「乳び尿」
臨床泌尿器科 71:197-199、2017
鶴﨑俊文

泌尿器科検査パーフェクトガイド PartⅡ 疾患別:実施すべき検査と典型所見

⑥尿路・性器の感染症 「カンジダ感染症」
臨床泌尿器科 71:200-203、2017
鶴﨑俊文

その他

前立腺肥大症の手術

長崎新聞 2017.5.1
鶴﨑 俊文

お知らせ

詳細を表示する閉じる